シュタイナー教育            東京賢治の学校:活動日誌

東京都立川市にあるシュタイナー教育の学校「NPO法人東京賢治の学校自由ヴァルドルフシューレ」での日々の様子をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4/7(水)・8(木)  2・3・4年生 花まつりの会

4/7(水)・8(木) 2・3・4年生 花まつりの会

4月7日・8日の二日間に渡って、2・3・4年生の子どもたちは花まつりの会を持ちました。
花まつりは御釈迦様の誕生を祝う祭りです。
賢治の学校では、クリスマスを大切に祝うのと同じように、花まつりも大切にしています。

会を持つ前に、子どもたちはそれぞれの担任から短くお話を聞き、そして散歩に出て、沢山の野の花(今年は菜の花をいっぱい)を摘んできました。
その花で花まつりを祝います。
自分たちで花瓶に生け、それを持ってホールに行き、一人一人が祭壇の前に飾りました。
ホールは、菜の花でいっぱいになりました。
そしてこの会では、8年生が、低学年のために歌、楽器の演奏そしてお釈迦様のお話をしてくれました。
子ども達のためにわかりやすいよう動きを入れたり工夫をして話してくれたので、子どもたちは時には笑い、でも真剣な表情でよくお話を聞いていました。

このように、高学年の子どもたちが、低学年の子どもに向かってお話や歌をしてくれるというのは、低学年にとっては、喜びや支えと共に『自分たちもいつかこのように、小さな子のために何かをするんだ。』という目標を持つことができます。
高学年にとっても、自分のことだけではなく、周りのこと、小さな子のためにも自分の力を使うのだという意識を持てる大切な機会となります。

そして8日の当日は、柴崎町の普済寺さんの花まつりに出かけました。
お釈迦さまに甘茶をかけ(お釈迦様は甘茶が好きだったそうです)、そして子ども達も甘茶をいただきました。
「とっても甘いけど、ちょっとにがいな。」などと言いながら、皆おかわりをしていました。
桜の花吹雪の中の暖かな一日でした。

8年生の皆さん、新年度が始まったばかりの中で、低学年のために本当にありがとうございました。                                      (2年担任 菅谷真理子)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。