シュタイナー教育            東京賢治の学校:活動日誌

東京都立川市にあるシュタイナー教育の学校「NPO法人東京賢治の学校自由ヴァルドルフシューレ」での日々の様子をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6/16(木) ぽかぽかTea Room

6/16(木) ぽかぽかTea Room

第一回ぽかぽかTea Roomは紙染め体験を行いました。

梅雨入りし、お天気を心配していましたが、当日は青空が広がりました。
学校の親の方より、切りたてのみずみずしい笹が届き、お部屋に爽やかな空気が流れました。

P6161201_convert_20100622001025.jpg

12組の親子の参加があり、ぽかぽかTea Room初お父さんの参加もありました。

皆さん、紙染め・手遊び・おやつ「3色寒天ゼリー(ブルーベリー・いちご・みかん)」
(→レシピは下記参照)を大変喜んでくださり、次回もぜひ参加したいとの声も多く聞かれました。

P6161232_convert_20100622003236.jpg P6161231_convert_20100622003158.jpg

染めた紙を開いて、親子で喜びあったり、連れて来たあかちゃんが眠った横で、
ゆったりと紙染めを楽しむお母さんの穏やかな表情があったり、早くおやつが食べたくて、
スプーンをがっしり掴む姿が微笑ましかったりで、関わったスタッフ一同、
和やかな時間を共有し、ぽかぽかのよいスタートとなりました。

次回のぽかぽかTea Roomは、
7/14(水)「自然素材の虫よけスプレー&ベビーマッサージ」です。
                                    (幼児クラス スタッフからの報告)

           ***3色寒天ゼリー(ブルーベリー・いちご・みかん)***
作り安い量です。12人分できます。
① 寒天(粉末)4gを200mlの水に溶かし、火にかけ、泡立て器でかき混ぜながら2~3分沸騰させます。

② 火をとめ、①の鍋にみかんジュース400mlを加え、泡立て器でよく混ぜ合わせます。

③ あらかじめ水で濡らした容器(底のはずれる水羊羹用や、ゼリー型、耐熱ガラス製のプリン型などに②を流し入れ、あら熱をとっている間に次の層の寒天を準備します。

④イチゴ1パックを洗って、大きいものは切るなどして鍋に入れ、素糖を入れ(甘いイチゴなら入れなくても。入れる場合は3~40gぐらいから、好みで加減して下さい)、火にかけ、少しつぶしながら煮ます。レモン半個分の絞り汁を加えます。大体400mlくらいになるように、煮詰めて下さい。

⑤ 別の鍋に水200mlを用意し、寒天4gを入れて溶かし、かき混ぜながら火にかけ、①と同じようにして、④のイチゴを加え、よく混ぜ合わせます。

⑥ ③のみかん寒天の表面を触ってみて、指に何も着かないくらいになったら⑤を流し入れます。
この時、みかん寒天が固まり過ぎていると、食べる時、分離してしまいます。ある程度柔らかいうちに入れましょう。

⑦ ブルーベリーもイチゴと同じように作ります(つぶさなくてもいいです)。

⑧ 冷蔵庫で冷やして出来上がり。
                                          (学校親 おやつ担当)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。