シュタイナー教育            東京賢治の学校:活動日誌

東京都立川市にあるシュタイナー教育の学校「NPO法人東京賢治の学校自由ヴァルドルフシューレ」での日々の様子をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

岩手県岩本町小本からの便り1

震災後の3月下旬に長崎智一さんから頂いたメールです。

小本に行ってきました。両親や親戚の顔を見て安心しました。元気になりました。生まれ育った町がほとんど何もなくなり、ただボー然とするだけでした。しかし、自分がこれから何をすべきか少し見えてきました。
<被害状況>
小本支所被害あり。その影響で防災無線が使えず連絡がとれなくなり、情報が伝わらなかったようです。小本保育園・小・中学校、浸水被害。子供達全員無事避難。怪我人ナシ。しばらくは、岩泉に通うようです。小本の半分ぐらいは、津波にすべて流されました。約9割は倒壊・破損・浸水などの被害をうけました。宿泊施設、三浦民宿(2軒とも)、小本温泉も被害をうけました。(両方とも、七頭舞い講習会の際に沢山の参加者が宿泊していた民宿です)保存会や愛護少年団の家は、数名被害にあっています。婦人の家、太鼓・道具・衣装、被害ありませんでした。中野地区の建物被害は23割程度すんでいますが、田んぼはほとんど浸水。塩害の可能性大です。船や倉庫(網などの漁師道具置場、作業場)ほとんど流されました。小本は漁師町、復旧の目処たたず。
 仮設住宅については、6月までに小本駅の裏手(岩泉側)に、約86棟たてる予定だそうです。堤防も着工決定。ほかはこれからです。まだまだ復興にむけてとはいえる状態ではないですが、少しずつ落ち着きを取り戻した感じです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。