シュタイナー教育            東京賢治の学校:活動日誌

東京都立川市にあるシュタイナー教育の学校「NPO法人東京賢治の学校自由ヴァルドルフシューレ」での日々の様子をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

10年生 富士登山

 10 年生は担任と専科教師と共に、9月6 日~7 日、富士山登山に行ってきました。
台風が去るのを待って、5 日遅らせたことで、天候には恵まれ、行動中のほとんどの時間を快晴の下に過ごすことができました。
fuji.jpg
 登山に入る前に山麓の溶岩流後のほら穴を見学してからバスにて五合目登山口に至り、昼食・休憩後13時ごろか
ら登山を開始しました。
気温は 5 合目で10 度くらい、すずしい中の快適な登山で、まずは 6 合目まで行きました。
ここまでは、まだ皆元気で、写真を見てもニコニコ笑っています。時間的にも余裕があったので、植生限界点の様子をスケッチにとりました。
 30 分ほどでいよいよ8合目へ向けて急坂のルートを登ってゆきました。途中も青空と白雲の下をぐんぐん登ってゆきましたが、だんだん疲れてきた生徒のペースが落ち、時間をたくさん使ってしまいました。
途中で元気な生徒が荷物をとってあげるなどして、なんとか6時ごろに全員8合目の小屋に着きました。
着いてみると雲が足の下に雲海となって広がって、その雲海に夕暮れの陽が当たっていました。
翌朝 4:30 起床。雲の間から出てく太陽がじっと上がってくるのを見ました。夜中に吐いた生徒やよく眠れなかった者、頭痛がする者と、全体の体調はあまり良くはありませんでした。しかし、せっかくここまで来たのだからと、がんばって頂上を目指すことにしました。
 朝食を終え身支度、7時頃に小屋を出発。空気が薄く、昨日のようには足が運べない中を、体力のある者と弱っている者、大きく差がある中を 2 時間かけて、なんとか山頂にたどりつきました。
この間も天気はすばらしく、風も強くなく、登りきった達成感はあるのですが、吐き気、頭痛をする者が3 人。すばらしいが、しんどい!そんな中をさらに最高点を目指して進みました。
 11:30 剣ヶ峰着。しばらく日本一を堪能して、下山にかかりました。この時 12:00 頃で、4 時間あれば御殿場の 5 合目に着けるものと考えて、学校にもそのように連絡しました。
とろろが、体調不良の者の足がどんどん遅くなり、思いのほか下山に手間取り、予定していた宝永火口や植生の様
子のスケッチがとれぬまま、進みました。
 宝永火口に入り、少し地質的説明をし、すぐに出発。カラマツや様々な木々がだんだん下ると共に増えてくる中を進みました。登りのルートと比べて、自然の様子が次々に変化し、面白いところでした。
元気な生徒は、その変わってゆく景色を「すっごい、きれい!」と声を出しつつ、軽やかに下ってゆきましたが、ついに生徒はハアハア言いながらがんばっての下山でした。

 総じて、天候には恵まれ、見たいもののほとんど見ることができ、とても美しい景色の中を行動することができましたが、体調が良くない者をかかえての行動が厳しかったです。
それてにしても、動けなくなったら大変と思いつつの行動の中で、なんとか全員無事に帰ってくることができて、よかったです。
 帰ってからの生徒たちは、具合が悪かった者も、やりきれてよかった、たくさん美しい景色が見れてよかったと言っていました。あらかじめ、富士山よりも高度差をあげて登る練習をしていたことがよかったと思います。いきなりでは、もっと苦しかったでしょう。それにしても空気が薄いことは思っていたより、足を遅くするものであることを改めて体験した登山でした。

(10 年担任・高等部理科専科教師)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。