シュタイナー教育            東京賢治の学校:活動日誌

東京都立川市にあるシュタイナー教育の学校「NPO法人東京賢治の学校自由ヴァルドルフシューレ」での日々の様子をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6年生 第3回 3校合同古代オリンピック 

 5年生での古代ギリシアの学びの発展として、3年目を迎えた合同オリンピック。
勝ち負けより力の限り正々堂々と戦うこと、美しいフォームで臨むこと、
他校の子ども達との交流を深めることを大きな目的として取り組みました。

交流を深めるために、今回は事前練習の機会を2回持ちました。
始めはドキドキしながら関わりあっていた子ども達もすぐ仲良くなって、帰るころには「また来週ね。」
と手を振り合って別れ、次週をとても楽しみにしているのがわかりました。
聖火の火起こしも合同で練習しました。賢治の学校の子ども達が、
道具の調整の仕方なども教えて火を起こしだすと、他校の子ども達は食い入るように見ていました。
その後は、「自分たちも!」という勢いでみんなが取り組んでいました。

オリンピック2


こうして迎えた当日、三校入り混じった各ポリスの子ども達は、
同じクラスの子ども同士のように打ち解けて、
自分のポリスの仲間の名前を一生懸命呼びながら応援していました。
そして、勝っても負けても、見ていて清々しい見事な戦いぶりでした。

最後に、ひとりひとりの素晴らしかったところを審判の先生に書いていただいた賞状と
オリーブの冠をいただく時の一人一人の表情、
長い時間それを興味を持って飽きずに見ていた他の子ども達の様子からも、
このオリンピックが彼らにとって大きな意味のあったことだったということがわかります。

オリンピック1


会場校の藤野のシュタイナー学園の皆さんはもちろんのこと、
オリーブの枝を用意して下さった松岡さん(学校のご近所の方)、
お菓子や冠を作って下さったり、聖火を見守り続けて下さったりした保護者の皆様、
関わって下さった先生方に感謝いたします。たくさんのご声援ありがとうございました。 
      

                                      (6年生担任 後藤洋子)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。